Active Hope in Japan: Journeys to Fukushima

Print Friendly, PDF & Email

日本でのアクティブ・ホープ〜福島への旅を通して

[Scroll down for English translation]

by   田嶋真紀


   日本では、古くから感情を表に出すことをを控える文化があります。人前で感情をあらわにするのはよくないとする風潮は今でもあると思います。
そのため、多くの人にとって、本当に感じていることを口に出さず、感情も無意識に抑えてしまうこともよくあるでしょう。

そんな日本において、アクティブ・ホープ / つながりを取り戻すワークは、自分が感じるままに感情を出してもいい、と自分に許可を与え、感情をあらわすことを助けてくれます。
痛みを大切にすることは、痛みの奥にある愛に気づき、自分の深い願いに触れて、そしてそこから大きな輪につながり、前に進む力を与えてくれる。それは福島のような大きい痛みを伴う場所を訪ねる時、とても助けになりました。

私たちは有志のグループとして、2015年から年に一度、「福島ラーニング・ジャーニー」を行ってきました。アクティブ・ホープを枠組みとして、ボブ・スティルガーさんと福島を訪ねる旅です。この旅は、福島に「支援活動」に行くのではなく、福島の風景を観て、福島の方々のお話を聞き、そこから自分が感じること、受け取るものを大切にし、その学びを自分の人生に生かす旅です。

これまで5回のラーニング・ジャーニーを実施し、福島の中でさまざまな場所を訪ねてきました。福島第一原発の周辺地や、原発からは遠くても、風下であったことにより放射線値が高く、住民の方々が避難しなければならなかった地域などもありました。

Plastic Bags Full of Irradiated Soil and Precious Memories.  Photo by Setsuko Hiromoto, 11/2015. Iitatemura, Fukushima

国は、多くの地域で少しずつ除染を行ってきました。避難先からご自宅に戻られた方々も多くおられますが、まだ戻ることができない方々もおられます。私たちは、主にそれぞれの地域で活動をされている方々、コミュニティの灯を絶やさず地域の人々を繋ぐ活動などをされてきた方々からお話を伺いました。
福島が事故後どのように変化していったのか、
その一端を垣間見せていただいてきたのです。

ラーニング・ジャーニーでは、移動のバスの中や、夜宿舎に戻ってから、オープンセンテンス
などを使い対話をしました。そして最終日は、美しい自然の中の静かなアトリエ「蓮笑庵」で一日を過ごし、自然の中での一人の時間、アクティブホープのワーク、じっくり旅を振り返りながらシェアする時間を持ちました。

アクティブ・ホープやボブさんのファシリテーションは、私たちの旅を導く枠組みを与えてくれました。参加者は、命に対する感謝から始まり、福島を旅する中で、悲しみ、怒り、希望など、様々な感情を感じます。そして私たちの周りにある繋がり、見えないものとの繋がりを感じ、その経験から前に一歩を踏み出す勇気をもらいました。

このワークは、福島の絶望と希望に寄り添う助けになると共に、私たちの生き方に変化をもたらすことも可能にしてくれました。
私たちが福島でお会いした方々は、ある意味アクティブ・ホープを日々生きている方々です。そんな方々からお話を伺うのは、私たちが大きな勇気をいただく経験となりました。

参加された方の言葉から、、
*この旅に参加したことで、自分の人生に大きな変化がありました。.
*福島での体験を思い出すことで、自分の力の源につながることができる。
* 旅を思い出すことで、自分は何をするべきかという問いに目を向けることができる。

アクティブ・ホープとともに旅したことで、「ただ観て、聞いて」ではたどり着けないものを、いただいたように思います。

  東日本大震災は、福島の中に、多くの分断を生みました。震災直後は、避難をする・しない、何を食べ・食べない、子供を外で遊ばせる・遊ばせないなど、家族の中でも意見が分かれ、バラバラになった家庭もあります。そしてどう前に進んでいくのか、それも多くの違いを生んでいます。

Last Day Gathering at Renshoan. Photo by Riko Endo, 9/2018. Tamura-shi, Fukushima

福島では、多くの人々や団体が、対話をする場、感じていることを話せる場を作ってこられました。しかし、「知り合いの中では自分の気持ちを話せない 」などの難しさもあると聞きました。
福島で「アクティブ・ホープ/つながりを取り戻すワーク」の場を持つことが大切だという声
がありますが、同時に、参加してもらうのが難しいとも聞きます。
それでも、福島でこのワークを体験した方が、こう語ってくださいました。

*福島には多くの分断がある。でも、私たちは違っていても、見えないところでつながっているんだと思え、前に進むことができました 。
*ある活発に活動されている活動家の方は、事故から数年後、こう語ってくださいました。「事故後、初めて自分の内面を見つめ直し、自分の気持ちを感じることができました」
*私は農に携わっていたので、事故後、福島の自然がいかに傷ついたかを強く感じ、とても辛かったです。このワークを通して、私は自然と深く繋がっていたからこそ、あの痛みを感じられたのだとわかりました。そしてこのワークは、私に進むべき道を示してくれたのです。

このワークが福島で行われることで、数は少なくても、参加された方を通して、真実、福島の中にある声が現れる。それが福島の癒しにつながる。そう願いたいと思います。

  世界は私たちに次々とチャレンジを与えます。それでも私たちはつながり続けることができます。自分自身、周りの生き物たち、世界、そしてそこで起こっていることと。たとえそれが痛みを伴うものであっても。このワークは、私たちの力の源と、私たちを支えてくれる存在とつながることも助けてくれます。このワークでスパイラルをまわり続けることが、私たちに前進する力を与えてくれると私は信じています。

[編集部注:著者は、自身の体験と、福島を共に旅した人々、そして福島で出会った方々から聞いたお話をもとに、個人的な立場から意見を綴っています。] 


Active Hope in Japan: Journeys to Fukushima

by Maki Tajima

Recording by author

In Japan, there is a long-standing culture of refraining from showing one’s emotions, which is considered not dignified.The strong tendency to believe that it is not good to show one’s pain in public makes it difficult for many people to speak what they really feel, and feelings are often unconsciously suppressed.

Valuing the pain helps us to recognize the love underneath the pain

In Japan, Active Hope/The Work That Reconnects helps people to give themselves permission to feel as they feel, and helps them express their feelings. Valuing the pain helps us to recognize the love underneath the pain, enables us to touch our deep wishes, and then connects us to the larger circle, giving us the strength to move forward. It helped us a lot when we visited places with great pain, like Fukushima.

As a group of volunteers, we have been conducting a Fukushima Learning Journey once a year since 2015. This trip to Fukushima with Bob Stilger uses Active Hope as a framework.The purpose of this trip is not to do “support work” in Fukushima, but to see the scenery of what is happening there, listen to the stories of the people, value what we feel and receive from them, and apply this learning  to our own lives.

So far, we have done five Learning Journeys. We have visited various places within the Fukushima area. Some were in the vicinity of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant; another was  far away but downwind from it, where radiation levels were so high that residents had to evacuate.

Plastic Bags Full of Irradiated Soil and Precious Memories.  Photo by Setsuko Hiromoto, 11/2015. Iitatemura, Fukushima

The government is gradually decontaminating many areas and residents have been returning to their homes, but still some cannot return. We heard from people who have been working to connect people in the community, keeping the lights burning in each community. We were able to take a glance of how Fukushima is changing.

During the Learning Journey, we used Open Sentences and engaged in dialogue while we were riding the bus and in the lodge after dinner. Then, on the last day, we visited  Rensho-an, a quiet retreat center in a beautiful natural setting, to spend time alone in nature and other areas. Together we had time to reflect and share our journey in Fukushima, also using Active Hope work.

Active Hope and Bob’s facilitation gave us a framework to guide our journey.  Participants started with gratitude for life, then deeply felt the grief, anger, and hope experienced in Fukushima. It opened our eyes to a hidden world around us and moved us to take steps forward.

This work helped us to be with the despair and hope of Fukushima, and also enabled us to change the way we live. The people we met in Fukushima were, in a sense, living Active Hope on a daily basis. Hearing from these people gave us great courage.

To quote some participants:

“There has been a profound change in my own life as a result of participating in this journey….”

“I can connect to the source of my strength by remembering the experiences I had there.”
“ Remembering the Journey helps me to turn to the question of what I am meant to do.”

Traveling with Active Hope has given each of us something that we could not have reached by just “seeing and listening” in Fukushima.

The Great East Japan Earthquake in 2011 created many divisions in Fukushima. Soon after the disaster, many families were torn apart by differences of opinion, such as whether or not to evacuate, what to eat or not eat, and whether or not to allow their children to play outside. How to move forward made a lot of difference. 

Last Day Gathering at Renshoan. Photo by Riko Endo, 9/2018. Tamura-shi, Fukushima

In Fukushima, many people and organizations try to create a space for people to talk and express feelings. But there are some difficulties, such as “I can’t talk about my feelings among people I know.” There are people who say it is important to do Active Hope/The Work That Reconnects in Fukushima. But it is not so easy for people to participate. Nevertheless, some have experienced this work and have said:

“There are many divisions in Fukushima. But even though we are different, we are connected in a way that we cannot see.”

A very active activist told us a few years after the accident:

“This is the first time I have looked inside myself to feel how I feel since the accident.” 

“I was involved in agriculture, and after the accident, I strongly felt how nature in Fukushima was damaged, so it was very painful. Through this work I now know that I was deeply connected to nature, and that is why I felt that pain. This work showed me the way forward.”

By holding this work in Fukushima, even if the number of participants is small, the truth and the voice within Fukushima will be expressed through the participants. By doing so, healing will take place in Fukushima. I would like to believe so.

This work helps us to connect to the source of power within us and to beings who support us.

The world presents us with one challenge after another. Yet we can stay connected–with ourselves, with the living beings around us, and with the world and what is happening there, even if it is painful. This work helps us to connect to the source of power within us and to beings who support us. I believe that continuing to spiral with this work will give us the strength to move forward. 

[Editor’s note: Maki shares this personal statement based on her own experiences and the stories she heard from people she met and traveled with in Fukushima.]


田嶋真紀

若い頃から旅が好きで、世界各地を旅し、ヨーロッパに13年住む。2011年東日本大震災後日本に戻る。その後、NPO法人セブン・ジェネレーションズの活動や、ジョアンナ・メイシーの「アクティブ・ホープ」の日本語版出版や、ワークを日本で紹介することに関わる。アメリカで開催されたジョアンナ・メイシーのインテンシブに2回参加。また、2015年から2019年まで、年に一度、ボブ・スティルガーや友人たちと、アクティブ・ホープをベースにする「福島ラーニーング・ジャーニー」を開催。2013年からは、東京の郊外の藤野に住み、 森の再生プロジェクトやトランジション・タウンの活動など、地域活動に携わる。様々な仕事を経験し、現在は訪問介護の仕事をしている。

Maki Tajima

Recordings by author

I have loved traveling since I was young, and have traveled around the world and lived in Europe for 13 years. After the 2011 Earthquake, I returned to Japan and became involved with  Seven Generations (Work with Pachamama Alliance in Japan), publication of Joanna Macy’s Active Hope book in Japanese, and introducing Joanna’s work in Japan. I participated in two Intensives with Joanna Macy in the USA. Also, I have organized an Active Hope-based “Fukushima Learning Journey” with Bob Stilger and friends once a year from 2015 through 2019. Since 2013 I have lived in Fujino, in the countryside just outside Tokyo.  There I have been involved in community activities such as a forest restoration project and Transition Town activities. I have had many jobs; currently I am working as a caretaker.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.